カブドットコム証券

カブドットコム証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

カブドットコム証券

カブドットコム証券のひと目で分かるみんなの評価

手数料
取扱商品
サポート
情報量
IPO
スマホ対応
注文方法
人気

カブドットコム証券の口コミ・評判

信じられないほどの手数料の安さ

カブドットコム証券は、とにかく手数料の安さが気に入っています。以前は、大手証券会社を使って取引していましたが、手数料の高さには正直いって不満を持っていたため、手数料が安くて済むネット証券会社に切り替えようと本気で思っていたのです。

カブドットコム証券は、そんな私にとっては好都合な証券会社です。例えば、売買代金が10万円以下の場合、90円という手数料のため缶コーヒーよりも安いという驚きの安さといえます。

同様のケースで大手証券会社であれば、倍以上を手数料として取られることになってしまいますので、お得感は半端なものではありません。

せっかく大きな儲けが見込めても、手数料が高額になれば、なんとなく損した気分になってしまうものです。その点、カブドットコム証券はありがたいと思います。

信用取引でもお得感

年齢 60歳
性別 女性

30代の頃から株式投資を本格的に行っていますが、正直、カブドットコム証券のようなネット証券会社に対しては、あまり好意的な印象を持っていませんでした。

情報量の多さやその内容についても、半信半疑という気持ちを抱いていたのです。しかしながら、カブドットコム証券を実際に使ってみると、提供される情報も最新のものであり、なおかつ量も多いため至れり尽くせりといっても良いのではないでしょうか。

数年前から、現物投資では飽き足らず、信用取引も始めましたが、カブドットコム証券の取引では満足しています。2018年の4月以降、信用取引の手数料と一般信用買方金利が引き下げられたため、手数料と金利についての心配をすることはほとんどありません。

安心して値動きを見ていられるのも投資家にとっての大きなメリットです。

多様な注文に対応

年齢 53歳
性別 男性

カブドットコム証券を好んで使っている理由は、何かと融通が利くからです。私のような株好きにはとても助かる証券会社といえるでしょう。

スマホやタブレットなどのネット環境が使えるデバイスさえあれば、いつでもどこでも注文ができるところが、カブドットコム証券の良さです。昔からさまざまな注文方法を試すことが好きなため、それができるカブドットコム証券は私にとってはなくてはならない存在といっても過言ではありません。

成り行き注文はもとより、指値注文やダブル指値注文、時間指定注文などと多種多様な注文に対応可能です。現役のサラリーマンである私にとっては、平日の昼間は株式相場の動向を見ることができないため、特に注文の入れ方には注意しています。

そんな私のわがままともいえるような注文に応えてくれるのがカブドットコム証券です。

社会的信用も高い

年齢 28歳
性別 女性

私が、カブドットコム証券を気に入った理由は、他の証券会社では無理だったIPO銘柄を購入することができたからです。

IPO銘柄の購入に成功することで、高確率で利益を得ることが可能になります。結果的にまだ、売却しないで持っていますが、かなりの含み益を抱えている状態です。

どこまで値上がりするのか楽しみといったところです。カブドットコム証券が、IPOに強い理由として、同じグループである三菱モルガンスタンレー証券の割り当て分ももらえる場合があるということも挙げられます。三菱モルガンスタンレー証券といえば、大手金融グループの三菱UFJフィナンシャルグループに属していますので、信用力の高さという点では申し分ありません。

私自身もどうせ株式投資をするなら、信用の高い証券会社を選びたいという気持ちを持っていました。その点でもカブドットコム証券はピッタリです。

カブドットコム証券のメリット

投資信託でもお得感

カブドットコム証券のメリットとしては、保持している投資信託に応じてポイントがもらえるという点が挙げられます

これも、投資家にとっては嬉しい点といえるのではないでしょうか。具体的には、月間当たりの平均保有金額の100万円ごとに1ポイントが付与されます。

また、3,000万円を超える場合には、それぞれ2倍のポイントが付与されることになります。そして、このポイントが100ポイントに達することで、現金1万円がプレゼントされます。

このポイントのサービスについては、カブドットコム証券ならではのサービスであり、かなり大きな注目を集める取り組みといえるでしょう。

いわゆる塩漬け状態であっても、投資信託を持っているだけでポイントがもらえるのは画期的なサービスです。

恐るべき「FUND ME」

カブドットコム証券では、「FUND ME」というサービスを実施しています。この「FUND ME」は主にスマホユーザー向けのサービスですが、スマホを持っていなくても利用可能です。

具体的な内容として、投資信託のポートフォリオなどについて、プロのアナリストの分析に基づくアドバイスをもらうことができます。

日経平均やニューヨークダウはもとより、為替レートや原油先物価格などのありとあらゆる情報を基に、投資家にとって有利な情報がもらえるため、極めて有意義といえるでしょう。

むろん、最終的な決断をするのは、投資家本人ですがとても頼りになるサービスとして人気を集めています。特筆すべきは、投資家の資産状況や投資経験に合わせたきめの細かいサービスであるという点です。

豊富な割引サービス!

カブドットコム証券が多くの投資家からの支持を集めている理由には、割引サービスが豊富という点が挙げられます。多くの証券会社が割引サービスを行っていますが、ここまで多くのサービス内容を持っている証券会社は他に類を見ないといっても良いかもしれません。

カブドットコム証券では、50歳以上を対象とする「シニア割引」をはじめとして、女性なら誰でも適用される「女子割」やNISA口座開設者が対象の「NISA割」など多様な割引サービスを行っています。

基本的には、株式投資にかかる手数料の一定割合を差し引くというものであり、投資家にとっては嬉しい限りといえるでしょう。これらの割引サービスは、単独のみならず組み合わせも可能です。

カブドットコム証券のデメリット

デイトレーダーには不向きかも

カブドットコム証券で株式投資をする上でのデメリットといえば、投資家の投資スタイルによっては手数料が多くかかる場合もあるという点です。

カブドットコム証券の手数料では、1回当たりの売買手数料については、業界内でもトップレベルの安さということができますが、約定するたびに加算されていくため、トータルでは高額になってしまうというケースも少なくありません。

頻繫に取引を行うデイトレーダーなどにとっては、1日当たりの手数料が決められている「手数料定額コース」などを持つ他の証券会社のサービスの方がお得ということもあるでしょう。

そういう意味では、株式投資を始めて間もない投資家や売買の頻度の低い投資家にはおすすめですが、取引の多い人にとっては、あまりおすすめできないかもしれません。

外国株は取り扱いなし

カブドットコム証券を使うデメリットには、外国株の取り扱いがないという点もあります。そのため、「外国株を購入してリスクを分散させたい」という考えを持つ投資家にとっては、不満に感じるかもしれません。

日本の投資家の中にも、リスク分散を視野に入れて中国株や米国株の株式を購入する人が増えています。どうしても外国株を取得したい人は他の証券会社に相談した方が良いでしょう。

また、カブドットコム証券での取引では、株式売買やFX取引、信用取引などの全てをネット上で行うことになりますので、パソコンやスマホ、タブレットなどの操作に不安があるという人にとってはデメリットと感じる人もいます。

対面を希望する人には物足りなさも

カブドットコム証券のデメリットといえば、基本的に担当者がつかないため、細かなアドバイスや助言をもらうことができないという点が挙げられます。

この点については、ネット証券のメリットということもできますが、個別銘柄の値動きなどについて相談したいという人にとってはデメリットに思うこともあるのではないでしょうか。カ

ブドットコム証券では、口座を持つことで「カブボードフラッシュ」や「カブステーション」などといった投資家向けのサービスを受けることも可能です。

しかしながら、これらの取り組みも投資家がそれぞれ自分で情報をチェックする必要があります。時間をかけてゆっくりと相談したいという人の中には物足りなさを感じる人もいるでしょう。

カブドットコム証券はどんな人におすすめ?

手数料を抑えたい人には最高

日本国内にも多くの証券会社があり、連日のように多くの投資家が取引しています。これから投資を始めようという人も含めて、カブドットコム証券はどんな人におすすめといえるのでしょうか。

もちろん、株式投資についてはそれぞれの投資家によって、投資に対する考え方はもとより、投資スタイルや投資期間、投資金額なども異なるため、一概にいうことはできませんが、自分のペースでしっかりと利益を出したいという人におすすめできます。

先述した通り、カブドットコム証券の大きなメリットの一つとして、手数料の安さが挙げられます

とりわけ、10万円未満の約定金額であれば、90円というお手頃感は称賛に値するといっても良いでしょう。

信用力も申し分なし

カブドットコム証券はネット証券でもあるため、パソコンやスマホ、タブレットなどのデバイスがあれば、いつでもどこでも取引することができるため、自分の好きなタイミングで取引したいという人にとってもピッタリです。

予め口座に資金を入れておけば、ボタン一つで売買の注文を出すことも可能。売り時買い時などの機会を逃すこともありません。

また、三菱UFJフィナンシャルグループの傘下にあるため、信用や信頼の高さという点でも何の心配もありません。”

カブドットコム証券の手数料

カブドットコム証券の手数料については、1回の約定ごとにかかることになります。約定代金が高くなるにつれて、手数料も高くなる仕組みになっています。

約定代金が10万円未満であれば90円となり、20万円未満であれば180円というふうに上がっていきますが、とりわけ、このような約定代金が低いケースでは他の証券会社と比較した場合に大幅に安く抑えられているのも特徴といえるでしょう。

大手証券会社では、10万円未満でも手数料が500円を超えるようなケースも少なくありません。一方、カブドットコム証券の400万円を超える約定金額では、3,690円という手数料がかかりますが、他の証券会社では半分以下で済むというところもあります。

総じていえるのは、約定代金が低ければおすすめできるということです。

カブドットコム証券の取扱商品

カブドットコム証券が取り扱う商品については、国内株式はもとより、信用取引や投資信託、FXなどと多岐にわたります。

株式においては、新規公開株(IPO)や公開買い付け(TOB)も行うなど、幅広く対応可能です。まとまった資金がなくても購入することができるプチ株も人気を集めています。

投資信託では、そのラインナップの多さには定評があり、1110を超えるプランの中から選択可能。特に注目されているのが、手数料がかからないノーロードと呼ばれる商品です。

日経225先物や日経225ミニ先物、ニューヨークダウ先物などの先物取引の商品も豊富に取り揃えており、レバレッジをきかせた取引を好む人も満足できるでしょう。

カブドットコム証券口座開設の流れ

  1. 受付
  2. 本人確認書類の提出
  3. 口座開設完了

受付

パソコンやスマホ、タブレット端末などからカブドットコム証券の公式ホームページにアクセスして、名前や住所、職業などといった必要事項を入力します。

入力方法については、わかりやすく指示されているため、誰でも簡単に入力することが可能です。

本人確認書類の提出

運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの本人確認書類を提出します。

提出のやり方については、ネット上で行うことになるアップロードやファックス、郵送などの方法の中から選択することができます。

本人確認書類については、有効期限内のものに限られますので注意しましょう。

口座開設完了

本人確認書類の提出が終わり、カブドットコム証券に届いて、一定の条件を満たすことで口座開設が可能になります。カブドットコム証券から、登録者に対して「口座開設のご通知」が届きます。

この「口座開設のご通知」には、パスワードと口座番号などの重要な内容が掲載されているため、本人限定郵便にて郵送され、郵便局員から本人を確認して手渡しされるのが原則です。

記入されたパスワードと口座番号を使ってログインすることで、口座開設が完了するという流れです。

カブドットコム証券の会社情報

会社名 カブドットコム証券株式会社
事業所 所在地東京都千代田区大手町1-3-2経団連会館6F
電話番号 03-6688-8888
登録番号 関東財務局長(金商)第61号
設立 2007年(平成19年)9月30日
資本金 71.96億円