株式投資

20代必見!少額から始める株式投資方法を徹底解説

20代 株式投資

株式投資を始めてみたいけれど、投資できる資金が少ない、投資って難しそう、損しそうで怖い・・・と思っている方も多いのではないでしょうか。

特に、20代前半の大学生や社会人数年目であれば、投資に回す余裕資金を捻出するのが難しい方が大半だと思います。

しかし、投資にまとまった資金が必要だったのはひと昔前の話。現在は株式や投資信託も100円から投資可能なサービスが登場しています。

また、証券会社によっては現金ではなくポイントで投資可能なところも増えています。

今回は、投資に回せる資金が少ないけれど株式投資を始めたい方向けに、「少額から始められる株式投資方法」について徹底解説します。

株式投資とは

株式投資というと、株式を短期で売買するデイトレーダーと呼ばれるような投資をイメージしがちです。

しかし、それは「投機」であって「投資」ではありません。

投機とは、機会に乗じて短期間で利益を得ようとする行為で、いわゆるギャンブル的な取引になります。

短期間で自分の株の買値より高い値段で買ってくれる相手を見つける行為なだけであり、単に損益に一喜一憂する、いわば「マネーゲーム」とも言えます。

投資とは、本来長期的な視野で資金をビジネス(事業)に投じる行為です。

株式投資であれば、企業が発行する株式に資金を投じて企業価値の増加を期待する行為のことです。

株式に資金を投じることで、その企業が事業を通じて価値や利益を出した結果、配当金や株価の値上がりに反映され、「投資の果実」を得られることができます。

ぜひ、短期売買のマネーゲームではなく、会社のビジネスを買う感覚で投資をしてください。

株式投資のメリット・デメリット

株式投資は、企業に投資するメジャーな投資手法です。

企業の業績などに応じて株の売却益や配当金などを受け取るメリットがあります。
反面、株価の値動きや企業の業績、国内外の経済状況といったリスク(不確実性)が伴います。

株式投資を始める前に、これらメリットとデメリットを認識しておく必要があります。

メリット

株式投資を行うメリットとして、以下のことがあげられます。

配当金(インカムゲイン)がある

購入した株式を配当金が貰える権利日に売らずに保有していた場合、その企業から配当金を受け取ることができます。

2020年4月における東京証券取引所第一部の単純平均利回りは、2.34%となっています。

参照:JPX日本取引所グループの株式平均利回り(2020年4月)
https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/03.html

都市銀行の定期預金の利子が年率0.002%ですので、それと比べても高いですね。

売却益(キャピタルゲイン)がある

購入した株の値段が、売却する時に買値より高くなっていれば売却益が得られます。

株主優待を受け取れる

「株主優待制度」は、日本特有の制度で企業が株主に対して、自社製品や買い物券などの特典を提供するサービスです。

配当金や売却益以外の、株式投資から得られる利益として、株主優待目当てに投資をしている方も多くいます。

企業の経営に参画することができる

株式を購入することでその企業の「株主」となります。

株主は、毎年企業が開催する株主総会に出席し、企業の経営状況の説明を受けたり、役員の信任や経営にかかわる事項に対する採決を行ったりします。

つまり、企業の経営の一端に参画することができるのです。

デメリット

株式投資を行う上でのデメリットは、「リスク(不確実性)」です。

株価の価格変動リスク

企業の業績や、経済状況により株価は上下します。株価の上下の変動幅を「価格変動リスク」といいます。

株価が買値より下がったタイミングで売却すると損になります。万が一投資した企業が倒産すれば株式の価値がなくなり、投資資金を回収できなくなる可能性もあります。

外国株式に投資する場合は、それに加え為替リスクがあります。

流動性リスク

株式は買い手と売り手、両方がいないと売買が成立しません。
流通量が少ない株式を購入すると売りたい時に買い手がなかなか現れず、売却に時間がかかる場合があります。

投資は、リスク(不確実性)なくしてリターン(利益)はありません。

「リスク=怖い」と思われがちですが、そのリスクに何があり、どのくらいなのかをきちんと理解し、勉強も兼ねてまずは少額から投資をスタートすることで、リスクを少なくすることができます。

株式投資を始めるには資金がいくら必要?

一般的に知られている株式投資は、「単元株」と呼ばれる証券取引所で取引される基準となる株式数を売買する必要があります。

現在、東京証券取引所の単元株は100株で統一されています。

取引所で表示されている株価は1株あたりの値段なので、実際に株式投資をする場合は、
株価×100(株)+売買手数料=株の購入金額
となります。

株価が安ければ100株でも数万円で購入できます。

もっと少額で投資を始めたい方には、最小金額100円から投資可能なサービスがあります。

少額で始める株式投資方法

少額で株式投資を始める場合は、基本的に100株以下の「単元未満株」を買うことになります。

少額株式投資には、いくつかの種類があります。

少額株式投資の種類

株式ミニ投資/ミニ株

単元株の10分の1単位で株式売買が可能なサービスで、10株単位で売買することができます。通常の単元株を買う場合の10分の1の資金で、株式投資ができるメリットがあります。

しかし、ミニ株に限らず、少額株式投資のサービスを利用して株式を購入した場合、単元未満株を買うことになるので、配当金はもらえますが議決権は行使できません。一部の企業を除き、株主優待も基本的には受け取れません。

単元未満株

1株から売買可能で、ミニ株に比べさらに少額で株式投資が可能になります。少額の資金で分散投資ができ、単元未満株を買い増して単元株にすることも可能です。

取扱い証券会社によって「S株」などサービス名称が異なります。

100円投資

東京証券取引所に上場中の、決められた株式やETFなどが100円から金額指定で買うことが可能です。

一部の証券会社でのみ取り扱いがあります。

究極の0円投資は「ポイント投資」

現金では最低100円から株式の少額投資が可能ですが、実はポイント自体で株式投資が可能なサービスもあります。

ポイントは買い物などの副産物としてもらったものなので、そのポイントで投資ができれば実質元手0円で投資が可能になります。

投資に利用できる代表的なポイントは、以下になります。

  • Tポイント
  • 楽天ポイント
  • dポイント
  • LINEポイント

まずは自分がよく利用しているポイントを利用して、元手実質0円で投資を始めてみてはいかがでしょうか。

少額株式投資の注意点

少額から株式投資ができるのは良い点ですが、注意点もいくつかあります。

注意点1:いつ時点の価格で売買するか、が決められている

少額株式投資の売買価格は各証券会社によって、いつの値段とするかが決められています。通常の株取引のように売買注文を出した時点で値段が確定するわけではないので、注意が必要です。

注意点2:手数料が通常に比べ高い

株取引を行う毎に手数料が必要となりますが、少額株式投資でかかる手数料は通常の取引に比べ割高になる場合があります。

売却益が手数料より少ないと逆に損になってしまう事があるので、注意しましょう。

注意点3:株主優待がもらえない

少額株式投資は、株主優待をもらうための基準である単元株未満の株取引となります。
そのため、基準日まで株を保有していても株主優待をもらうことはできません。

少額投資を何度か行って保有株数が単元株以上になると、株主優待をもらうことができるようになります。

これらの注意点や各社のサービス、使い勝手を比較して、ぜひ投資への第一歩を踏み出してください。

まとめ

株式投資というと、ある程度まとまった資金が必要と思われがちです。
しかし、今は少ない資金やポイントなどで株取引を始めることができるようになっています。

失敗や成功も、実際に投資してみないと経験できません。

まずは少額でスタートし、自分が投資に対してどの程度のリスクを許容できるのか、どういう精神状態になるか、などを実際に体験してみましょう。

そこから長期の資産形成を目指して、徐々に投資資金を増やしていってみてください。

20代30代の若い世代であれば、投資に対して時間という大きな資産があります。

投資期間を長く設定して定期的な積み立て投資を行うことで、価格変動リスクのブレを少なくする有効性があります。

また多少の失敗をしても、またお金を貯めて少しずつ投資を行う事も可能です。

値段に一喜一憂せずコツコツと投資をしていけると、お金に左右されないより良い未来にできるかもしれませんね。

 

ABOUT ME
田端沙織
田端沙織
略歴:鎌倉市出身、逗子市在住。2男1女を育児中。 大学を卒業後、FP2級を取得した際、資産運用の楽しさに開眼し証券会社に勤務。 10年以上お客様にまごころ込めて対応していたが、会社とお客様の向いている方向が違う事にモヤモヤを感じる。 現在は、お客様と自分が同じ方向を向くことでお金や将来の不安が少しでも減るよう、中立的な立場のFPとして活動中。 また、「キッズ・マネー・ステーション認定講師」として子供、親子向け金融教育講座を開催している。