楽天証券

楽天証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

楽天証券の口コミ・評判まとめ!他社と比較したメリット・デメリット

楽天証券のひと目で分かるみんなの評価

手数料
取扱商品
サポート
情報量
IPO
スマホ対応
注文方法
人気

楽天証券の口コミ・評判

サイトのデザインが年々向上し、使い勝手がよくなっている

年齢 53歳
性別 男性

元々楽天銀行を利用していたので、楽天が運営している楽天証券で資産運用したほうが相互的にメリットが大きいかなと思って楽天証券を利用することにしています。

楽天証券が立ち上がった当時から利用していて、立ち上がり始めのころはやはり古くから証券を取り扱っているところと比べるとまだまだサイトの作りも甘い部分があったりしたのですが、楽天ならばすぐに改善するだろうと信じ使い続けていました。

予想通りサイトのデザインや使い勝手は年々良くなっていて、今ではほかの証券会社のサイトと比べてもとても見やすく洗練されたサイトとなっています。

特に初心者に向けての基礎知識を学べるためのページが充実しているのが特徴です。もちろん投資上級者が見てもためになるような情報もしっかりと網羅されています。

これからの日本の事を考えてか家族も投資に関して興味を持ち始めているらしく、証券会社をいろいろと物色しているようですが、相談されたりしたら迷わず楽天証券を推薦しようと考えています。

手数料が安く、普通預金の金利がアップするのが魅力的

年齢 32歳
性別 女性

いろいろと情報を見ているうちに老後の年金だけでは定年後充実した生活が送れないのではと感じたため、資金に余裕がある今のうちに資産運用をしようと考えました。

口座を開設する証券会社をいろいろと比較していたのですが、楽天銀行の普通預金にお金を預けていることもあって、同じ楽天系列の楽天証券で資産運用をしてみようと口座を開設しました。

楽天証券で口座を開設したことによって普通預金の金利が5倍になったことはなにげにとても大きいです。

普通預金でお金を増やそうとは考えてはいませんが、それでもやはり金利が高くなるに越したことはありません。そして手数料も楽天証券で口座を開くことを決心した決め手の1つです。

おそらく金額で取引をするだろうと考えたので、より手数料が安いほうが利益は得られると思ったことから他の証券会社よりも比較的手数料が安い楽天証券を選択しました。

楽天を普段から利用する人にとって楽天ポイントがどんどんたまるのは魅力的

年齢 27歳
性別 男性

これまでも楽天証券に口座をなんとなく開いてはいたものの、実際に証券取引をするとなるとやはり実績のあるところが良いのかなと感じたため、銀行が運営している証券会社で取引をしていました。しかしいろいろな手続きをする際には担当者に自宅まで来てもらわなければいけません。

はじめはわからないことだらけということもあり助かっていたのですが、何年もNISAでの取引をしていると基本的なことはすでに理解しているので今では取り引きの度に家で担当者が来るのを待たなければいけないのが面倒でしかありませんでした。

そこでネット証券でもある楽天証券に乗り換えることを決心したのです。楽天証券を実際に利用してよかったと思う点は楽天スーパーポイントが貯まるという点だと思います

。普段から楽天でよく買い物をしているという事もあり、証券取引をすることで資産が増やせるだけではなく楽天のポイントも増えるというのは自分にとってとても大きなメリットになっています。”

スマホでも取引が主なら使い勝手は抜群

年齢 43歳
性別 男性

これまでいろいろな証券会社を利用していましたが、現在は楽天証券で落ち着いています。私が楽天証券に最終的に落ち着いた理由はスマホでの使い勝手の良さです。

ほかの証券会社ももちろんスマホに対応したページを作成してはいるのですが、今のところ楽天証券に勝るようなページが構築されているような証券会社は見当たりません。

資産運用を成功させるためには情報収集が必要不可欠なのですが、楽天証券のスマホアプリは情報量の多さに関して群を抜いています。

おかげで出先であっても最新の情報を漏らすことなく知ることができるため、楽天証券アプリからの情報収集によってかなりの利益を実際に得ることができています。

またアプリからダイレクトに発注できるのもとても便利です。株の取引などは1分1秒を争うので買いたいと思ったときにすぐに取引できるというのはメリットを強く感じます。

楽天証券のメリット

楽天ポイントがどんどん貯まる

楽天証券を利用していると得られるメリットとしてまず紹介するのが楽天ポイントをどんどん貯めることができるという点です。

資産運用を始めてみようと考えている初心者が始めやすい運用方法の1つに、お金を投資することでプロの投資家が資産運用をしてくれる「投資信託」があります。

楽天証券では100円から投資信託を始めることができるという点もとても大きいのですが、それ以上に投資信託積み立てをすると積み立てた金額の1パーセントを楽天ポイントとして還元してくれます。

楽天ポイントが貯まる条件は楽天カードで積み立てをするというだけなので誰でもこのメリットを享受することができます。

NISA取引でもポイントが貯まる

また投資信託だけではなくNISA取引を行う事でも同様にポイントをためることが可能です。

楽天ポイントは楽天での買い物だけではなくいろいろな商店でも利用できたりするので使い勝手の良さは抜群です。普段から楽天ポイントを利用している人にとってはこのメリットを利用しない手はないでしょう。

ためたポイントを使っての積み立ても可能

普段楽天ポイントを使わない人にとっては楽天ポイントが還元されてもあまりメリットに感じないのではと感じるかもしれませんが、そのようなことはありません。

楽天証券では貯めた楽天ポイントを利用して投資信託の積み立てをすることが可能です。投資信託を普段しなくても楽天で買い物をしていて楽天ポイントが知らない間に貯まっているという人も居るのではないでしょうか。

もし楽天ポイントを買い物などで利用せずに貯めているだけなのであればそのポイントを投資信託として利用しない手はありません。

投資信託は先ほども書いたように100円から利用できるので誰でも始めることはできるでしょうし、資産運用にお金をかけたくないという人は月々100円で積み立てをしつつ溜まっていった楽天ポイントをどんどん積み立て用に利用していけばよいのです。

現金積み立てとポイント積み立ての併用も可能

また積み立て設定によって現金での積み立てとポイントでの積み立てを併用することも可能になっています。

併用での積み立てを設定していると、設定した金額をすべてポイントで満たせるのであれば現金を一切使わずに積み立てできますし、ポイントが不足していれば不足した分は現金での積み立てを行えるなどとても便利です。

取引手数料が安く、キャッシュバックもある

楽天証券は手数料が安いというのも大きな魅力です。特に細かく金銭のやり取りをする人は手数料が高いとそれだけ利益を圧迫されてしまうことになります。

楽天証券の手数料は初心者におすすめできるコースの1つである「超割コース」というコースの手数料であっても大手の証券会社とそん色ない金額となっています。

大口の取引がメインだという人には「超割コース大口優遇」というコースがあり、このコースだと10万円までの取引手数料が無料になります。

さらに超割コースを選択していると取引手数料のうち1パーセントが楽天ポイントとしてキャッシュバックされます。

積み立てしたお金だけではなく取り引きをしただけでポイントが貯まっていくというのはとても魅力的に感じるのではないでしょうか。

楽天証券のデメリット

窓口での相談ができない

楽天証券は実店舗を持たない「ネット証券」と呼ばれている種類の証券会社となります。

実店舗を持たないという事もあって、資産運用をしていて困ったことや相談したいことがあった場合でも店頭へ行って窓口で証券マンと顔を合わせて話をするという事はできません。これは楽天証券に限らずネット証券全般に共通しているデメリットと言えるでしょう。

しかしながら電話やメールなどでの相談はしっかりと受け付けてくれるので資産運用に関する質問や相談が一切できないというわけではないので心配はいりません。

楽天ポイントをあまり利用しない人にはメリットを感じることが少ない

楽天証券は楽天グループが運営している証券会社という事もあって、楽天をよく利用する人にとってはたくさんのメリットがあります。

しかしそれは裏を返せば楽天を普段あまり利用しないという人にとってはそれほどメリットを感じる部分が少ない証券会社になっているといえるでしょう。

特に楽天カードを持っていなければ証券取引でポイントを貯めづらいので楽天カードを所有していない人は特にメリットをあまり感じないでしょう。

楽天ポイントを使っての積み立てもできるなど、貯まったポイントが無駄にならないようなサービスをおこなってはいますが他の証券会社も独自のサービスを行っているので、サービス面でメリットをあまり感じないのであれば別の証券会社を利用することも選択肢に入れたほうが良いかもしれません。

IPOの取引数が少ない

株式投資で確実に利益を出す方法の1つに「IPO株を買う」というのがあります。

IPOというのはある企業が新しく株式を上場する際に抽選で上場する前の株を投資家に購入させる権利を与えることを言います。

どうしてこれが確実に利益を得ることにつながるのかというと、新規に上場する企業というのはいうなれば現在伸び盛りである企業という事になります。そんな企業が上場すれば投資家は利益が得られるとみんなこぞって株を購入するでしょう。

企業が上場する際にはほとんどの場合、株価は上場前よりも大幅に上昇します。IPOでは上場前に株を買えるわけですから、購入した株の株価はほぼ確実に購入した時よりもアップしています。

これがIPO株を買うと確実に利益が出るといわれている理由となっています。

楽天証券ではこのIPO株の取り扱う数がほかの証券会社と比べると少ないです。したがってIPO取引をメインとしている人にとってはデメリットの部分のほうが大きい証券会社といえるでしょう。

楽天証券はどんな人におすすめ?

楽天をよく利用する人

楽天証券での取り引きをおすすめできる人の筆頭に上がるのはやはり普段から楽天をよく利用している人です。

楽天では食料品や家電、衣類などありとあらゆるものを購入できるので普段から利用している人も多いのではないでしょうか。

特に楽天カードを使って買い物をしている人であれば、そのカードで投資信託などをするだけで楽天ポイントが貯まっていくので、現金が増えるだけではなく楽天ポイントもどんどん貯まっていくという事もあり、楽天でお得に買い物をすることができます。

楽天銀行の口座を持っている人

楽天銀行の口座を持っている人であればたとえ100円でもよいので資産運用をしない手はありません。

投資信託用の口座を開くだけで楽天銀行の普通預金の金利が元の0.02パーセントから0.1パーセントと5倍にアップします。

楽天モバイルを利用している人

楽天を一切利用しなくても端末料金が安い楽天モバイルを利用しているという人はいるのではないでしょうか。

楽天モバイルは利用することで楽天ポイントが貯まっていきますが、楽天証券ではその楽天ポイントを投資信託の積み立てに利用することができます。

楽天モバイルで貯まったポイントを使う機会がないのであればポイントを使って楽天証券で積み立てをしてみてはどうでしょうか。

楽天証券の手数料

先ほども少し触れましたが、楽天証券はネット証券という事もあり、手数料がかなり割安となっています。

取り引きをはじめたばかりの人であれば「超割コース」を利用することがほとんどでしょうが、超割コースの場合は、5万円までの取引での手数料は税抜きで50円、10万円までの取引の場合は手数料が税抜き90円となっています。

そして手数料のうち1パーセントは楽天ポイントとしてキャッシュバックしてもらえるという特典が得られます。

超割コース大口優遇

また判定条件を満たすことで「超割コース大口優遇」というコースに切り替わり、こちらでは10万円までの取引の場合、手数料が無料になるばかりか手数料の2パーセントが楽天ポイントとしてキャッシュバックされます。

デイトレードなど1日に何度も取引をするという人は「いちにち低額コース」というコースがおすすめです。いちにち低額コースの場合、その日の取引金額が10万円以内であれば手数料は一切かかりません。

楽天証券の取扱商品

取扱商品は「現物取引」「信用取引」「REIT(リート)」「国内ETF,ETN」「新規公開株式(IPO)公募・売出株式(PO)」「立会外分売」「貸株サービス」となっています。

それ以外にも海外株式としてアメリカ株、中国株、アセアン主要国の株式などを取り扱っているほか、海外ETFも行うことが可能です。さらに投資信託や外貨積み立ても行えるなど、楽天証券はいろいろな資産運用法を取り扱っています。

それぞれの取扱商品の特徴をよく把握し、最も自分に合った商品での資産運用をおこないましょう。

楽天証券口座開設の流れ

  1. 口座開設申し込み
  2. 初期登録情報の入力
  3. 必要書類受け取り
  4. マイナンバー提出

口座開設申し込み

web上で申し込みをすると氏名や住所など口座開設に必要な情報を入力します。入力後メールが届くのでメールアドレスが必要になります。

メールアドレスがない人は事前に作成してください。

初期登録情報の入力

勤務先情報や出金金融機関など、口座を開設するにあたって必要となる情報を入力します。最後に入力した情報に間違いがないか確認してから送信しましょう。

また本人確認書類のアップロードも忘れずにおこなってください。

必要書類受け取り

初期情報登録の入力が終われば数日程度で口座番号やログインパスワード、取引パスワードなどが記載された書類が届きます。大切に保管しましょう。

マイナンバー提出

必要書類を受け取ったら楽天証券のスマホアプリ「iSpeed」でも画像認識またはコピーの郵送どちらかを利用してマイナンバーを提出します。

確認が取れれば口座開設の手続きは完了です。

楽天証券の会社情報

会社名 楽天証券株式会社
事業所所在地 東京都世田谷区玉川 1-14-1
電話番号 0120-188-547(口座開設についての問い合わせ番号)
登録番号 関東財務局長(金商)第195号
設立 1999年(平成11年)3月24日
資本金 7,495百万円